アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「SF」のブログ記事

みんなの「SF」ブログ


映画『オデッセイ』と原作『火星の人』

2016/03/15 20:43
映画『オデッセイ』が公開される頃、どこからともなく「この邦題は……」という声が聞こえてきました。
「もうちょっとどうんかならなかったのか」というんですね。
これは結構頻発する「映画の邦題が原題も原作もさっぱり判らない」というものなんですが、これはねー配給会社に考えてもらいたいのは山々なれど仕方ないのかなーとも思うわけです。
何かお客さんに「観てみようかな?」と思わせるようなインパクトが欲しいのでしょうしね。

『オデッセイ』と聞けば『2001年宇宙の旅』を思い出してしまう年寄りはちょっと混乱するんです。
『2001年宇宙の旅』の原題が『2001: A Space Odyssey』で、これはこれでものすごく考えて邦題付けたんだろうなぁということもありつつ、火星の話の新しい作品の邦題が『オデッセイ』かー、そうかー、なめんなよー、みたいになっていくんですね。(実際に我が家ではそういう流れで「うへぇ」となりました。)
『オデッセイ』(リドリー・スコット監督)と『2001年宇宙の旅』(スタンリー・キューブリック監督)はそもそも監督が違うので混同するなという話ではありますが、字面や音に引っ張られて出てきちゃうものがあるのですよ。

邦題もそんな感じなのですが封切りで観た人の感想などがちらほら流れてくると「火星ダッシュ村」とか言うのでなんだかそわそわしてきます。
観たい。
けど予定が立たない。
ということで、まずは原作を読んでみましょうと考えて原作をぽちー。
文庫版を購入したら上下巻の下巻から届きました。
下巻から読み始めるわけにもいかないので「あとがき」を覗いてみると、元々はネットにアップした作品が人気が出てKindleで販売されるようになって、それも売れたから紙の出版社が出版したいといい、さらに映画化権も売れてしまったということらしいんですね。
で、日本語の翻訳版のタイトルが『火星の人』。
あ、書いていませんでしたけれど、
原題は小説も映画も『The Martian』です。
直訳すると「火星人」なので、これはこれで悩んだだろうなぁと勝手に思うのですが。
小説のタイトルが『火星人』だとなんかあんまり売れそうな気がしないのは確かです。
読んでみればこのタイトルは深い意味を持っていることが判りますが、新刊本のタイトルが『火星人』はやっぱり無いかなと。

そんなこんなを推測して遊んでいたら上巻が届いたので小躍りしながら読み始めました。
読みやすい。
とても読みやすい。
気持ちのいい日本語が並んでいます。(まずそこ大事)
肝心の内容ですが、これが途中で置けないくらいに面白い。
地味なんですよ。
お話しとしては地味に進んでいくのです。
(あ、ここで思い出した。地味さは『太平洋ひとりぼっち』に近い。)(古いw)
地味なんだけどもうどんどん読んじゃう。

どんどん読んじゃって、さて、映画が観たい。
そう思っていたら家人が週末に休業日が入って連休になるというので「映画!映画!観たい!観たい!」と踊ってみたら「じゃー行こうかー」と渋々付き合ってくれることに。
いや家人も興味はあったのですよ?
『ブレードランナー』のリドリー・スコット監督の新作が火星のお話ってどんなだろう、という興味が。

映画も地味でした。
「火星ダッシュ村」というけどダッシュ村要素は少ないし、まずあれでは作物を作れる土は出来ません。
尺の問題もあるし、それこそ農作業をこと細かに追いかけたって仕方ないとは思います。
でも、地味だし端折ってるところもあるけれど作品としては面白かったです。
あ、ラストのほうはアメリカ仕様ということで。

先に映画を観た人は原作がもっちりしていると言っていました。
映画のスピード感のほうが好きだということでした。
私は原作を先に読んだのでやっぱり原作のほうが面白いなと思います。


後日、家人が職場で後輩と雑談しているときに『オデッセイ』の話題が出たそうです。
家人「映画、観たよ」
後輩「先輩、さすが早いですねー」
家人「いや、『ブレードランナー』のリドリー・スコット監督の作品だし期待して観たんだよ」
後輩「電気ウナギですね!」
家人「アンドロ羊、な」




火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)
火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)アンディ・ウィアー 小野田和子

早川書房 2015-12-08
売り上げランキング : 742


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)
火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)アンディ・ウィアー

早川書房 2015-12-08
売り上げランキング : 762


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


文庫を読むと原書を読んでみたくなるかもしれない。


The Martian: A Novel
The Martian: A NovelAndy Weir

Broadway Books 2014-10-28
売り上げランキング : 26


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション [Blu-ray]
ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2010-04-21
売り上げランキング : 998


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))
アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))フィリップ・K・ディック カバーデザイン:土井宏明(ポジトロン)

早川書房 1977-03-01
売り上げランキング : 1472


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日活100周年邦画クラシックス GREATシリーズ 太平洋ひとりぼっち HDリマスター版 [DVD]
日活100周年邦画クラシックス GREATシリーズ 太平洋ひとりぼっち HDリマスター版 [DVD]
Happinet(SB)(D) 2012-09-04
売り上げランキング : 77325


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おまけ

記事へトラックバック / コメント


エイリアン

2005/09/30 18:13
唐突にエイリアンです。
これをとあるモノに似ているという声が聞こえたものですから。。。。

ついでと言ってはなんですがGIGER.COMも教えてもらいました。
トップに入ってしばらくすると目次ページに移動します。画面の左側から上にかけて、件のエイリアン君がいるわけですが、そこをカーソルでうろうろすると夜中なら飛び上がるようにできています。くれぐれも音量にはご注意。

素敵なサイトとともに詳細なドキュメント付きで悪夢までプレゼントしてくれたXさん、そのうち返礼をさせていただきます(^^)

エイリアンVS.プレデター
B0009YGWRMサナ・レイサン ポール・W・S・アンダーソン ランス・ヘンリクセン

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-08-19
売り上げランキング : 688

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
アイ,ロボット ヴァン・ヘルシング TAXI NY〈特別編〉 トロイ エスケープ フロム L.A.

記事へトラックバック / コメント


ファンタスティック・フォ〜!                  ・・・もしくは、「うぎゃぁ。。。」

2005/09/13 00:10
関西ローカルのテレビ番組(MBSの「ちちんぷいぷい」)を見ていると、なにやら不穏な空気が。。。
これからやる話題の一覧表に「フォ〜〜〜〜〜〜〜〜!」とだけ書かれている欄が。
これはHGが出るな。
今度は何やった?

映画「ファンタスティック・フォー」の関西宣伝隊長だぁ。。。。。。。。?????
このとき夕方の5時過ぎ。ここから、さっきまで記憶が定かでないような?
脱力を超えてしまいましたわ。
なにすんの〜。
こんなサイトさんがあったので、こちらを参照してくださいね。

もう、なんだか、再起不能な気分。
誰かAliceに愛の手を。。。。。。。。。(沈没


9/21 追記
上のサイトを見ればわかりますが、HGは大阪梅田の三番街シネマを満席にしたようです。
きっかけがどうあれ「ファンタスティック・フォー」を観るお客さんが多いほうがいいので、これも有りかなぁ。
まぁ。9:25からの初回を一杯にしたんだから、いっか。
記事へトラックバック 0 / コメント 2


『筒井康隆自薦グロテスク傑作集 ポルノ惑星のサルモネラ人間』コレクションフィギュア

2005/08/30 12:04
このようなものが発売されております。

えーーー、大人買いっていうんですか、箱でね、買った人がうちにいます(泣
しかも、6個入りケースが6個入っているカートン買いです(涙
本人は「マニアである」と宣言しております(さめざめ〜
ほかにフィギュアらしきものは、持っていないので・・・・・・・・(ロビー・ザ・ロボットとかフライデーとかガンダムとか動くモスラとか歩くデストロイヤとかガメラとか・・・・・は見なかったことにしよう・・・・・・・ぉぃ)・・・・・・・・・・買ってもいいよと言ったけど。

スズナリミミウサギが可愛いかったりする・・・・・・・かも。。。。。

原作は文庫で。
面白いものには毒があります。
毒に当たらないようにしてください。


ポルノ惑星のサルモネラ人間―自選グロテスク傑作集
4101171475筒井 康隆

新潮社 2005-07
売り上げランキング : 7,803

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
花火屋の大将 明治探偵冒険小説集 (3) 押川春浪集 向田邦子の恋文 明治探偵冒険小説集 (1) 黒岩涙香集 ちくま文庫―明治探偵冒険小説集 アメリカの鱒釣り



ぶんぶんさん。
リクエストありがとうございます。

記事へトラックバック 0 / コメント 6


ウクレレ・フォース~スター・ウォーズ ベスト・カバーズ~

2005/08/28 03:24
これでしたかぁ。

いえね、とあるところでNさんというかたが紹介されていたんですけどね。
あんまり面白いので、サンプルを聴いては脱力していたんですよ。
あ、サンプル聴きます?
通称「やる気のないダースベイダーのテーマ」

怒る気も失せる脱力感って、こういうことを言うのねぇ。




B0009I8WN0ウクレレ・フォース~スター・ウォーズ ベスト・カバーズ~
オムニバス ウクレレ・カフェ・カルテット 宮川彬良
ジェネオン エンタテインメント 2005-07-09

by G-Tools



シスの暗黒卿殿、いかがですか?(^^)
記事へトラックバック 3 / コメント 10


前田建設ファンタジー営業部

2005/08/23 10:45
テレビでも取り上げられていました。
が、今年のSF大会の「星雲賞」を受賞したことのほうが、私には価値があります。

本当に建設会社が、大真面目に「マジンガーZ」の格納庫を・・・・。
こういうの、たまらなく好きです(笑)

4344007069前田建設ファンタジー営業部
前田建設工業株式会社
幻冬舎 2004-11

by G-Tools

記事へトラックバック / コメント


Fantastic Four USで好調!

2005/07/12 19:46
画像
今、仕入れてきました。

Weekend Box Office Actuals (U.S.)
7月8日から10日の週末の興行ランキングです。
Fantastic Fourか堂々の第一位!

9月まで待ちきれない〜。

HOTSPUR副長さま、ありがとうございました♪


日本の公式サイトも進化しています。

追記:
すでに一週間経ちまして、3位になりました。
ランキングって、ものすごい生ものなので、あとから見るとなんだろうと思いますね。
面白いのでこのままにしておきます。
一夜の・・じゃないわ、一週間の夢を見たということですね(^^)
ね、副長さま。(あ、艦長か?)
記事へトラックバック / コメント


スターウォーズ エピソードIII 観ました!

2005/07/11 17:12
今回はネタバレしてるかも。

まず、いきなり目が回りました。(笑)
乱視にはつらい迫力満点の映像が・・・。
シネコンの中で、比較的座席数のすくないスクリーンだったので、後ろのほうの席でもスクリーンが近いんです。普通は嬉しいんですけど、あれだけ飛び回られたら、目も回ります。(劇場で観ない理由の一つが「乱視」な私の言うことですから、「贅沢」なんですけれどね)

次に、パドメが普通の女性になっちゃった。
エピソードIやIIの、勇敢で賢い女性とは別人のように、憂い顔のパドメ。
なんか、もったいないような・・・。妊婦だからしかたがないような。
やっぱり、もったいない。
ちょっと納得のいかないパドメの変身ぶりでした。

そして、シディアス卿が大活躍。
本当に悪い人って、甘言を弄するんだという見本のような悪ぶりです。
しかも、その力は強大。
倒れていくジェダイ・ナイトが不憫でした。

で、アナキン。
このエピソードでは、救いがないです。(先で救われるからいいのかもしれませんが・・・)
確実にベイダー卿の人気は上がりますね。
強い力を持ちながら、繊細過ぎて・・・。
でも、もう後戻りできなくて。
ああ、だけど、オビ・ワンのように、バカみたいに実直ならこんなに苦しまなくてもよかったのに。(それでは物語にならないか・・・・)

観終わって一番に思ったことは「スターウォーズで疲れるなんて・・・・」でした。
6作の中でも異色の重さです。
ちゃんと笑いどころもありましたよ。ええ、あの二人(?)です。

あ、そうそう。
うちのサラリーマンAが言ってた「怖い作品」というのは、確かに怖いけれど、Aが言うほど怖くはなかったです。ソフィストケートされていると思いました。
むしろアナキンの・・・・・のほうが、強烈でした。(からくりが解っていても、きょぇ〜〜〜!でした)
重要な戦いのシーンの背景が、沸き立つ溶岩というのも、余念が入ってきてちょっと困りました。

追加:
観たのは「吹き替え版」です。
エンドロールに吹き替えの人の名前が出ていました。
主要キャストだけでしたが、ムヤミに嬉しかったです。
その分、音楽が足りなくなっていましたが。(^^)



早く治ってくれないかな。偏頭痛。。。
記事へトラックバック 0 / コメント 2


バトルスターギャラクティカ

2005/07/06 22:04
その昔「宇宙空母ギャラクティカ」というのがありました。
そのリメイク版ということですが、趣が随分違うようです。

「宇宙空母ギャラクティカ」は、ねぇ、「スターウォーズ」のパクリですから・・・。
にしては・・・・なところも多々有り。
なにしろ、監督がルーカスさんちをクビになった方だとか・・・。

「バトルスターギャラクティカ」は、キャストの名前は同じでも設定が大幅に変更されていて、お話としては全くの別物と言ってよいくらいらしいです。
すでに観た人から、熱〜〜〜〜く語られてしまって、早く観たいよ〜〜〜ってなっていました。
WOWOWで、今月の18日に、吹き替えで放送です。字幕はいつ放送してくれるのかしら。

アダマ役のジェイミー・バンバーに注目です。
そ!あの二の腕!!(違?)



WOWOW
記事へトラックバック 1 / コメント 1


世界の中心で愛を叫んだけもの

2005/06/23 13:19
ハヤカワ文庫が目の前にあります。
浅倉久志+伊藤典夫=訳。(つまりは、最高の訳ということ)
未読です。
ハーラン・エリスンは難しいんだもーん。

で、買わなくていいので、↓をクリックしてAmazonに掲載されている「カスタマー・レビュー」を読んでください。
世界の中心で愛を叫んだけもの」

言いたいことは、ほぼ終わりです。(^^)

いや、もうちょっと言わせて。
私は「セカチュー」に全く興味が湧かなくて、最近のベストセラー小説にも困ったもんだな、なんてことを呟いていました。
あるとき、
「本屋さんで”世界の中心で愛を叫んだけもの”っていうのを見つけてさー、衝動買いしちゃったよー」というと
「エヴァって、それにあやかっているんだよね」と返ってきた。
エヴァねぇ。。。観てないよーー。いいよーーー、別にーーーー。
「じゃ、セカチューも?」と別の子が訊いてきたんだけど。
相手が悪すぎるなあ、と思いました。
「セカチュー」が純愛物だというくらいのことはわかっていましたし、エリスンはエリスンなので。
エリスンのSFは純愛小説には絶対になりません
エヴァでも、さんざん突っ込まれていたのに・・・。(熱烈なファンも負けじと頑張っていましたが・・・)

最近、たまたま「セカチュー」の映画を観ました。BSで。ながら観でしたが。
(噂の)高松空港を見たかったんです。(笑)
映像は綺麗でした。
最後の赤い大地を際立たせるために、ずっと青の効いた画面で。
いい感じでしたが、ストーリーはごめんなさいでした。
原作とどれくらい同じで、違うのか、わかりませんが、泣ける小説を読むなら浅田次郎の「天国への100マイル」にしておきます。


最後にちょっと長いうえに引用の引用ですが、この人物評がとってもステキなので、ご紹介しますね。
元の出所は、エリスンの短編集『おれには口がない、それでもおれは叫ぶ』I Have No Mouth, and I Must Scream(1967年)というペーパバックの見開きです。

ハーラン・エリスン!
 一九三四年生まれ。結婚三回、離婚三回。子供なし。著書十三、編書一。雑誌に寄稿した小説、エッセイ、ノンフィクションは五百篇余。長編第一作では、バックグラウンド取材のため変名で不良少年の一味に潜入。TV番組「アンクルから来た男」「宇宙大作戦」「ラット・パトロール」「ボブ・ホープ・クライスラー劇場」「バークにまかせろ」「アウター・リミッツ」「原子力潜水艦シービュー号」「バットマン」「ハニーにおまかせ」「ルート66」「アンタッチャブル」「ヒッチコック劇場」のシナリオ作家。映画「哀愁の花びら」「夢の商人」「カディム」のシナリオ執筆、ほかに共作で「オスカー」。しかし本業はあくまで小説家。時間、場所をとわず、あらゆるチャンスに賭ける。人生は借り物であると信じる。ル・マン・モデル、オースチン・ヒーリイを駆り、狩猟し、喧嘩し、女性への愛は選り好みなし。公民権運動のデモに参加し、ジョン・バーチ協会をたたき、映画批評、ジャズ批評も手がける。一九六六年は当り年で、ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ハリウッド作家協会の最優秀TVドラマ賞を受賞。ひげを剃る暇もない。(伊藤典夫・訳)






ああ、しんど。
記事へトラックバック / コメント


タイトル 日 時
しなやかな心で
「11人いる!」・・・・・いやぁ、傑作ですよ〜。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/06/22 22:31
何回も読む!
「ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」」 6巻までは持っていたのに、どうしても7巻が手に入らなくて、揃いを買いました。 めったにないことですが、やるときはやります。(笑) できないことのほうが多いけど。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2005/06/17 11:35
ファンタスティック・フォー 日本公式サイト
ようやく日本の公式サイトができました。 http://www.foxjapan.com/movies/f4/ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/06/04 20:40
頭にマイクロチップを埋め込んで・・・
「ニューロマンサー」 これはねー、凄いよ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/06/01 23:13
アンドロ羊
って、なんでも略すんじゃない!と叱られそうですが。 「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」この題名は長いでしょ? ついつい短くしたくなってくる。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/06/01 21:19
X-MEN 1・2
わかりやすいミュータントもの。(^^) 「X-MEN 1&2 DVDダブルパック」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/06/01 18:55
シュワちゃんのSF映画
「トータル・リコール」 監督がポール・バーホーベンだ・・・・・。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/28 16:34
しぬほど怖い「イベント・ホライゾン」
ホラーSFというのかしらね。 SFと書いてあるから観ました。 めちゃくちゃ怖かったです。(怖いのはダメだってば〜〜〜。) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/05/28 16:22
レッド・ドワーフより可笑しい(らしい。。。)
「スペースボール」 *翼あるもの* http://flugel.at.webry.info/  のDarth Alexios さんから教えていただきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/28 16:11
ギャラクシー・クエスト
贅沢なおバカ映画。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/25 22:52
ハデにいこう!の中身ー1
「アルマゲドン」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/25 11:08
マトリックス
これも、ほっそりキアヌが観られます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/25 09:54
JM
タイトルだけではわからなかった。 ビートたけしとキアヌ・リーブスが出ているので観ました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/24 22:54
大魔神
画像がなくて、とんでもないものをサムネイルに使ってしまいました。ごめんなさい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/24 22:01
モノリス
光を全く反射しない真っ黒の大きな長方体。(だっけ?) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/05/24 21:38
懐かしい〜〜
ちょっとー、いいもの見つけちゃったわ〜〜。 って、2004年にリリースされていたのね〜〜。4月。ああ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/24 21:18
筒井康隆の世界ー4
「エディプスの恋人」 七瀬のお話は、これでおしまい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/24 15:42
筒井康隆の世界ー3
「七瀬ふたたび」 少し成長した七瀬。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/24 15:26
筒井康隆の世界ー2
「家族八景」 火田七瀬というテレパスのお話。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/05/24 14:19
筒井康隆の世界へ
入り口は「時をかける少女」。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/24 08:59
情報が増えてきました
ファンタスティック・フォーの映像各種がひとまとめになっています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/24 08:49
こういう壊れ方もあった。。。
「ソイレント・グリーン」 初めて観たときは、まだ子供でした。 ラストにひたすらショックを受けていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/23 16:53
ある意味、地球は壊れた
「ウォーターワールド」って、そういう世界。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/23 14:50
地球に迫る巨大彗星
描く人が違うと、ドラマも変わる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/23 14:36
ハデにいこう!
「ジェリー・ブラッカイマー ブロックバスター・コレクション」 「キング・アーサー」公開記念でリリースされたBOX。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/23 14:25
これは、凄いよ!
「超革命的中学生集団」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/23 14:11
アンドロイドお雪
まず題名が好き。 「アンドロイド」と「お雪」の落差がいい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/05/23 13:53
ボッコちゃん
「ボッコちゃん」で、頭を冷やそう。。。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/23 13:34
スター・ウォーズ・レジェンド
DVDの字幕監修をしている河原 一久 (著) 。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/23 13:25
こういうのって、知らないのは私だけ?
あんまり考えていませんでしたが、小説がでているんですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/23 02:24
STAR WARSエピソード3シスの復讐の予習
予習したからといって、怖さがわかるとも限りませんが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/23 02:21
スター・ウォーズIII / シスの復讐・・・・・・・観た人の感想速報
たまたま、この時期にアメリカへ行った人から聞いた感想です。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 4

2005/05/22 23:02
素朴なスペース・オペラ
と思って検索をかけたら。。。 あららら〜〜。ジュニア向けになっていました〜〜。 文庫版は、在庫切れ・・・。本屋さんでは見ましたから、絶版にはなっていません。 あ〜〜びっくり。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/22 20:10
宇宙戦争
テレビ・スポットも始まりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/22 16:16
スター・ウォーズの復習ー2
次に、スター・ウォーズ エピソード1 & 2 DVDダブルパック。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/05/22 14:56
スター・ウォーズの復習−1
まずは、何度観ても観飽きないスター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/22 14:33
スター・ウォーズ エピソードIII /シスの復讐
アメリカでは公開になりました。 映像もちらほら出てきましたね。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/05/21 18:25
本屋さんで
文庫の棚を見ていたら、「蹴りたい田中」。。。 ぶぶっ。 なんて素敵な題名なんだ! 中身は見なかったけれど、こういうのは「当たり!」なのよ。♪ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/17 15:52
こちら ITT
草上 仁の短編集。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/16 10:41
地球はプレイン・ヨーグルト
これは、泣けないかもしれない。 でも、深いです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/16 09:37
美亜へ贈る真珠
笑ってばかりもいられない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/16 09:23
京美ちゃんの家出
いけない。。。 ワルノリしてきた。(^^) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/05/16 09:18
地球人のお荷物
ホーカはかわいい。 くまのぬいぐるみのようだ。 が、しかし、ちょっと困ったところもある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/16 09:10
高飛びレイク
うわぁ、ふるぅ。という声が聞こえてきそう。。。 知らない人もいるんだからさ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/15 21:10
敵は海賊
久しぶりに神林長平。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/15 20:54
宇宙船レッド・ドワーフ号
ちょーっと前に放送されていました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2005/05/11 10:50
バトルスター・ギャラクティカ
こちらは新しいシリーズです。 じゃないや、シリーズの前のミニ・シリーズ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/11 10:43
宇宙空母ギャラクティカ
昔、テレビで放送されていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/11 10:31
あけましておめでとう計画
きのうガチャピンの名前を久しぶりに目にしたので。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/09 15:40
百億の昼と千億の夜
初めて読んでから、随分と時間が経ってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/04/28 23:08
夏への扉
この季節に読む作品が、まだありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/04/28 19:23
たんぽぽのお酒
セイヨウタンポポの花でお酒を作ろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/04/28 19:15
コンスタンティン
観たいですね、ほっそりキアヌ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 8

2005/04/25 17:49

トップへ | みんなの「SF」ブログ

Thank you for your visiting.

COUNTER





書庫のどん詰まり SFのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる